10月29日(金)~31日(日)の3日間、香川大學幸町キャンパスにて、第73回香川大學祭が開催されました。

昨年からの新型コロナウイルスの影響で、かつての日常が失われ、學生は今までのような活気にあふれた大學生活を送れていません。そのような中でも、大學祭を繋げたい、後輩に先輩の想いを繋げていきたいという想いを込めて、大學祭実行委員會(H.O.P.)の學生が今年の大學祭のテーマを「継~つなぐ~」とし、昨年度オンラインで実施した大學祭を今年は対面で開催しました。

感染対策として、入構チェック(検溫等)を行うとともに、模擬店(飲食提供)の禁止や、參加者を學內者限定とするなど、規模を縮小しての開催となりましたが、講堂や教室、體育館等を會場とし、學內サークルや學生プロジェクト等によるパフォーマンスや展示、體験コーナー、H.O.P.主催の「香川大學キャンパスコレクション」や「アームレスリング大會」等、様々な企畫が催されました。

コロナ禍での開催ではありましたが、協賛企業や地域の皆さんのお力添えをいただき、學生が主體となって無事に大學祭を開催することができました。
來年度は學外者の方を招いてよりにぎやかな大學祭が開催できることを祈念しています。